スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
〈い〉あなたはもしかしたら
あなたはもしかしたら

存在しなかったのかもしれない

あなたという形をとって

何か素敵な気がすうっと流れただけで

・ ・ ・
思わずケイコウマーカーでクウを塗る



茨木のり子
『茨木のり子の家』

記録 comment:0 trackback:0
抱負


あけましておめでとうございます。

ちょっとぼっとすると
イマドキ歯磨き粉に着色料(青1)が使われてる理由を考え始めたり
「にく、にく、ふく、にく、にく、ふく(以下同)」と独り言を申したり。
大丈夫か2012!天使の笑顔をふりまきたいよ2012!


さて2012年
分泌…ちがった分筆(似たようなものですね)の
カテゴリーを4つに分けました。

 ・自由  日常の中のアジールな場面。温泉、屋上、祭など。もっと身近なものも、あるかも。
 ・記憶  はいて捨てては消えてしまう日常
 ・記録  本や映画や美術の感想
 ・創作  こさえたもの
ここまでが、これからの分別。
今までのは、『過去』に纏めてます。(名前、変えるつもり)


この分筆の目的は、「記憶」がその他のファンタジックな成分にじょじょに浸食されていくこと。
洗面台に映る虹に、「うん、ちょっと飽きたな」と余裕の瞳を輝かせたり
午後の紅茶の代わりに「変な新聞」を日替わりで買ってぬくい電車に乗り込むこと。


ことしもみなさまによいことが降りてきますように。
よろしくおねがいします。
記憶 comment:0 trackback:0
たたいてみた


ふっとおもいだした
高校1年生の冬まで、プーさんをなでてから寝ないとなんとなく不幸にされるとおっかながったり
お風呂あがりに湯だった鏡に「幸せになれますように」と指できゅーと書いたり
してた
飴屋さんが、こども時代はファンタジーに生きてると言っていた(らしい)


側頭葉たたいて いでよかみさま ききたいことが ありました


 
過去 comment:0 trackback:0
DF〜土鍋ファンタジー〜
 

ほぼ日+土楽の土鍋でごはんを炊いたら



日常がファンタジーで倒れそうになりました

過去 comment:2 trackback:0
生いるかの是非


工房ヒゲキタの手作りプラネタリウムがみたい。
ローテクなDIYで老若男女を揺さぶる姿勢も
透き、鋤、数寄、空き、隙…
すきって意味の広がりはセンスがいい。
http://www6.nsk.ne.jp/~higekita/

自宅で3D映像装置が作れてしまうって。
http://blog.nsk.ne.jp/higekita/entry/81623.html#comments


生いるかってなんだろうかと考えて
焼いるかや蒸しいるかがいない以上、
生いるかって概念はないと気付く。
でもなんとなく、生いるかっていかさしみたいでキュートだよね!


ほんじつうまくリンクが貼れなくてごめんなさい、コマンド海。
過去 comment:0 trackback:0
ぱるくはいあつと




父と母が26回目の結婚記念日迎えましたので
ジョエル・ロブションでナイフとフォークパンと無限ループ

宿はパークハイアット
ワザワザトウキョウニトマルナンテヤボとあざ笑ってた部屋は孤高
ジャパニーズにしてロストイントランスレーションな
パラダイスロストを迫られる空中庭園
はぁ〜あ


アメニティがイソップだったり
細かなものをしまう壷のとってが青磁器だったり
センス炸裂はぁ〜あ
おどろいた


それよりもなによりも
父や母や妹や私が浮き足だって「楽しみにしてる」気持ちの集合体が
尊くって、現実よ現実を浸食しないで
と呪文を唱えてしまいました

※ちなみに、「はぁ〜あ」はマームとジプシーという
 劇団の影響を受けてます
 猫がのびをするように、我が儘に解放するように
 ちょっと可愛く魂を吐く感じでイメージしてください
過去 comment:0 trackback:0
耳かきで女性ホルモンが増えるといいのに
ひとりごとをまちがえた
無印のグリーンカレーは誰をターゲットにしてるのか
平均以上にカライって思うのですが
くちをついて出た言葉は
「かゆっ!」(AM3:56)
ひとりごとをまちがえた


買っちゃったDeserticのリキッドパ〜カ!
今年は、ほぼ日で飴屋さんも着てはりましたね
中目黒のvaseで働いてる京都弁の男の子が
和菓子の上品さでひとしなひとしな丁寧に説明してくれるので
すきで、ついにげっと
うーん実存!
過去 comment:0 trackback:0
糸引き飴の運命論
愛情こめて煮こんでるぎゅうにゅうを使ったなにかが
ちょっと目を離して
---
0.電車の中で化粧をする
1.不快な思いをさせる
2.「粉アレルギーなんで、やめてもらえますか?」と言われる
3.それでもやめなかったら殺される
通常は0(主体)→1→2→3(結果)の順番だと思うんだけど
時には、たいへんな低確率で0→3ってこともある
それに、無差別テロ的なものを含めると
いつだって殺される可能性があって
駄菓子屋さんの絡み合ってたるんだりのびたりしてる
糸からいろとりどりのどれかの飴のどれかの色や形をひきあてたときに
ちょっとだけ息をのんで(そこでなにかが死んだかも)
から次の場面がやってくるような
ものなんだな運命は人生は
---
とかおもってると
ぎゅうにゅうが分離してつぶつぶというかぶつぶつになったときの
しにたさったらないですよね


そこからその逆、すごく生きる運命をひくことを考える
心を動かすこと ちょーちょーちょーしあわせな熱量を発生させることも
いつもまわりを取り囲むみえない絡み合った糸の先に必ずあるってこと


【ここからメモ】
単純に糸をたぐりよせるだけではダメで
第6感が必要なんだとおもってる
0→1、0→7、0→3207(wow!)
0→1→32→5
【とにかく未完】
過去 comment:0 trackback:0
(ログ)中之条
9/18-19 中之条にいってきました
ビエンナーレめあてにいったのですが
街のサイト自体も凝ってて期待しながらごーごー
(ほしのやっぽいぽの
※しかしほしのや採用ページには笑った…)


でも東京メトロ、君が大好きだ


ちょっとDeseticのリキッドシリーズっぽい
(今年こそは!と鼻息熱くしてたら飴屋さんがほぼ日で着てた…昇天)

ラブレタープロジェクト
「君がいなければ胸が苦しい天使」※全然覚えてない
みたいな、アンダンテもポコアポコもへったくれもない
横断幕が建物に貼ってあるのですが
これ、住民から募集したらおもしろかったかしら
紙デザインはとてもメランコリックだしね(基本がコラージュフェチ)


四万温泉の灯籠美


ピンボールとか。千と千尋の宿のモデルになった積善館泊まってみたいなぁ
というか、物語のあるお宿まじで泊まりたい


このムササビが目に入りますか
ここがこの旅の宿でした
「宿にムササビがいる」とうたってるのでそれは楽しみにしてたところ
「アー今は森においしいものがたくさんあるから宿にはおりてきませんね☆」
と言われて、あ、野生?結構寄るよ☆的な?と超懐疑的な気持ちになって
息ができなくなりました
(しかも、「モモちゃん」って名前つけてて
絶対モモンガとまちがえてるおもう)


これが初出って怒られるかな…


カード作り

伊参映画スタジオ

窓が板で封鎖されて針穴からさす日光が
おばあちゃんちの朝と同じでした
みばえてきにはホシゾラなんだけどね、変です
黒板の下には鏡 サーチライトくるくる

フラワーパークに目がないっぽかった霞ちゃん

愛猫家を自称していて「あ、ニャーオ ニャーオ(まね)」
とか常々やっているのに

こうも

こうも友人の方になつくと気まずいものです


ごめんなさい



うちの父(愛猫家)のかえうたでしめます
「チャロピー(わがやの猫はチャロンです)は猫のあじ〜」
それでは



過去 comment:1 trackback:0
(ログ)霧島・阿蘇・湯布院・別府
霧島アートの森で八谷和彦さんの
Open Sky Projectみて阿蘇へ…
と向かう途中濃霧にパンク、たまに見えた馬的なうごめくものは
まさに走「馬」灯っておいさむいよ(二重の意味で)

※真夏です(うしろに見えますのが走「馬」灯になります←めげない)


無事宿到着
湯平石畳浪漫プロジェクトとやらをやっており、共同浴場の質の高いこと!
銀の湯温泉は、檜と石と漆喰と異素材マテリアルが
上品におさまってて髪の毛とか落ちてなくて
中には羽が生えてしまう人もいるのではないでしょうか

宿があるのはこんな急流沿い
昔ゆめみてた「2階の窓から屋根にいける」が具現化されて感動

浮かれぽんちの図

湯布院


別府
この旅まで、地獄めぐりというパンチのきいた行楽を知らなかったけど

竹瓦温泉
番頭さんと心が通じなかったのと
Q:このあたりに駐車場ありますか?
A:温泉に入った人は停められません
Q:?
お湯がぬるかったのがしょぼぼんでしたけど
建物の雰囲気は凄まじく良いので一見の価値あり
ピースオブテルマエ〜


育ったところをみるとその人の像が立体的になる
そうやって第6感とか磨かれてゆくんだなとおもった
九州旅行〈完〉

この人は誰?答えは「臨床医」
過去 comment:0 trackback:0
categories
comments
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>