スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
[む] パーセント論
「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」

このタイトルだけで耳膨らんで飛行機を追い抜いて
雪に振られて墜落って感じ。

いまさら、村上春樹は、ちゃんといいんじゃないかと思う。
なんつう、いまさら。笑
そういや、エンゲキエイゾウエイゾウセンシュウ出身のもろセンパイなんだよね〜。
だからなに〜。(歌)


ちなみにこの短編の読解とは異なるのですが
最近、パーセントのことを考えた。

私は決められた恋人のことを100パーセント好きで
その他のあり得る恋とか愛だのの対象は
+αパーセント好きでいたいのですが
これってどうなのでしょうか?

その他の人は20パーセントでも
120パーセントでもいいから

ただ、恋じゃなくても愛じゃなくても離したくない人のことは
「100パーセント」占めたくて。

墜落、墜落、わ、わ。



 
記録 comment:0 trackback:0
スポンサーサイト
- comment:0 trackback:0
comment
send




http://yumearumon.jugem.jp/trackback/237
trackback
categories
comments
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
profile