スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
継続と永遠
ディープなインド映画(カレー臭がする)の8割は「輪廻落ち」らしい
 ヒーローとヒロイン死別(ヒーロー没)
→シーン切り替わる
 ヒロインの働くファストフード店に、なぜかヒーローと同じ役者が
 ヒーローとは別人格としてやってくる
→ヒロイン「いらしゃいませ ご注文は…」
 ふたり目が合い「…はっ…!(死別の記憶フラッシュバック)」
→(即)the end


輪廻転生って、気配は感じても
信仰してないのが日本人だと思う

ビリーブは地に足のついた力であって
青天井への祈りじゃない
だから生活の中に信仰は必要だし
信仰のための生活も必要
(ああやばいって思われる気がするけどちがうの、ポコニャンなの ←まぬけモード
 梅むらの豆かんとてもおいしいの ←カジュアルモード)


- - -
セブンイレブンの内側
煙草を喫むひとの笑顔
食べたいような硝子を通過して
届いてこころの中でばくはつする
永遠なんてどうでもよくなる
永遠を燃えるゴミ箱に捨てる
継続だけが永遠じゃない


(こういう光線は、きっとx線やガンマ線のように漂ってる)


記憶 comment:1 trackback:0
志賀理江子
3月から「1日1ビジュアル」をこころがけてる。

トップバッターは、志賀理江子


あるときは枯れ木にペーパーフラワーをたくさん咲かせて
あるときはあばらやをピンクで塗って
撮影した写真を再度、穴を開けて光をあてて加工して
再撮影して作り上げるらしい。

そうやって作られた写真は、時間のない空間であり
現在も過去も未来もない空間であり、
ただわたしとあなた(写真)の関係になるそうだ。
(art itのインタビュー 彼女の言葉は、写真同様に発光する)

その空間に彼女は行ってみたい、と言う。
世界には、彼女のイメージが必要だ。
覚悟を決めて、見つめ続けるのが難しいイメージを見つめるべきだ。

加工、再撮影を経て焼き上がった写真には
加工中には目で捉えることができなかったものが、写っている。












記録 comment:0 trackback:0
夏雪って名づけたい
愛している人の霊にしじゅう見られても愛想をつかされない生活をしようと
思ってみる

するとお風呂の中でさりげなく鼻をかんで鼻水もろともシャワーで
だくだく流してしまうことや
長めのトイレ中スカートで頭をくるみ傘おとこ的な時間を過ごすことが
アウトなのではと思えてくるけど
みんなそういう前提で生きてるのか?
愛している人にも引かれてしまうようなことって
してるのでしょうか?



河内遙の『 夏雪ランデブー』がすばらしい
彼女がテーマにする喪失や再生にドラマティックを感じて
別離というけれど 別れと離れはまったく違うもので
別れを意識しない離れが最も侘しい



三角コーナーに三角コーナー用の袋を入れずに
スパゲティを流した日々少しずつ滅びてゆく





- comment:0 trackback:0
ジャングルジムで地球回り

アデライデのアトリエセールで、蛍光マーカーの花畑キュロットを運命奪取。
目黒とんきで池波正太郎も唸ったであろう、とんかつクリエーションを目と舌で愛撫。
公開翌日のヒミズで青春のまねごと。
(鈍ったのは目が悪くなったせいもあると思うので眼筋を遠近で鍛えています。)
ゴールデン街のラーメン屋「凪」は階段が好きなタイプの「急・短」で
麺も縮れてて嬉しくて。
新宿から高円寺まで歩いて帰ったよ、土曜の夜が、こんなに幸せな土曜の夜。


自由 comment:0 trackback:0
[か]J'ai Patate!
南仏に住む8才のジュリエッタは
8才といえども世にもおしゃまでしたたかなフランス女。
ふとっちょで目がお肉に埋もれて線だけど、その感覚は繊細。


サンタクロースが大人だとばらしてしまった大人がわるいんじゃない
そうじゃない、信じなきゃなくなっちゃうよ、何でも、何でもそうだよ。

命ある限り遊び過ぎて死後の世界を信じないフランスの風土で、ユーレイくんに出会えた。

アーモンドクロワッサンに感動して買ってきたら
スズキのバターソースとの組み合わせのまずさを呪った両親に
パパもママも何言ってるの?今歴史的瞬間(第2のフランス革命級)に
立ち会っているのよ!耐えられない、その意識の低さ!

お見舞いにきてくれたエトワールの男の子の髪についた
帽子のあとがきになる。

古い恋に胸焦がすパパに、ねえパパむりしなくていいのよ?お互いの生活があるんだし…
今日の学童保育のおやつマドレーヌだったのに…。

日々のすみずみへの瑞々しい反射的なふるまいが過剰ゆえ
小芝居風で、だけど誰に捧げられてるのかわからない点で
コジコジっぽい超越、かみさま感がある。


フランス風土記としてもトレビアンで
髪色カースト的にはブロンドがエライこととか
元気です、をJ'ai Patate!(和訳は私は超スーパーじゃがいも元気ですってなってる笑)
って表すとか、乾杯するとき目と目を合わせないと
生涯セックスレスになるだとか、もはや、セーヌ川の水を氷にして水にいっぱい浮かべて飲みたい。


しゃがんだかと思えばブリッジしてるような対象へのさわりかた
こっくりバターを練りこんだ生地を重ねて重ねて胸やけしたから
そのクロワッサンを夜空に投げてエトワールにするような
ジュリエッタの生活、おすすめです。

- - -
「誰も知らない人だって人気者にしちゃえばいいのよ
お話にするのよその人がどこから来てどこに行くのか
何を考えて何ができて何がしたいのか
そうしたら世界のどこかにその人を愛してくれる人が必ずいるから」
- - -



かわかみじゅんこ
日曜日はマルシェでボンボン1・2
 
記録 comment:0 trackback:0
美しいだけでは平凡だ
 

「ちゃろんのハリネズミ化が進んでいるけど、かの猫も元気にしてるよ。」
という母からのメールが嬉しかった。

駅のホーム傘で髪をとかしてる人の目撃談を羨ましくおもいながら
フォークで髪をとかしてスパゲティになりきる
深夜のオフィスでドアを閉めずに用を足すことがふつうになってきたら
いつかやられるぞ
れんこんをマヨネーズで焼くとよろしい味がします。


- comment:1 trackback:0
ハードな寝ぼけ(睡眠メモ)
 


・茹でた鏡のような太陽を一枚

・あなたの飛行精神こそ、ひたすらに胸中のプロペラを、ぶんまわします。

自由 comment:0 trackback:0
東京温泉部、始動

妄想でつくった温泉部が
Hanako for men (web)に取材されました。

向かうは北千住「タカラ湯」。
自動販売機には、ライチ、メロン、黒ごま、を牛乳で割った
オレオレドリンクが並んでたり
平和な住宅街に突然ポップコーンマシーンが現れたり(しかも2台)
ザリガニのUFOキャッチャーがあったり
自販機が平均越えの街でした。

取材の模様は、1/20公開だって。アップされたらあげますし。
おすし食べますし。(?)
記憶 comment:0 trackback:0
[む] パーセント論
「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」

このタイトルだけで耳膨らんで飛行機を追い抜いて
雪に振られて墜落って感じ。

いまさら、村上春樹は、ちゃんといいんじゃないかと思う。
なんつう、いまさら。笑
そういや、エンゲキエイゾウエイゾウセンシュウ出身のもろセンパイなんだよね〜。
だからなに〜。(歌)


ちなみにこの短編の読解とは異なるのですが
最近、パーセントのことを考えた。

私は決められた恋人のことを100パーセント好きで
その他のあり得る恋とか愛だのの対象は
+αパーセント好きでいたいのですが
これってどうなのでしょうか?

その他の人は20パーセントでも
120パーセントでもいいから

ただ、恋じゃなくても愛じゃなくても離したくない人のことは
「100パーセント」占めたくて。

墜落、墜落、わ、わ。



 
記録 comment:0 trackback:0
{1}I am


あいあんだよ!

制作 comment:0 trackback:0
categories
comments
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>